2024 年 5 月 23 日

アルミニウム ダイカスト: プロセス ガイド 2024

 



 

アルミニウムダイカスト は、溶融アルミニウムから複雑で高品質の部品を製造するための多用途かつ効率的な製造プロセスです。このガイドでは、ダイカスト プロセスの包括的な概要を説明し、その利点、用途、ダイカスト サービス プロバイダーを選択する際の重要な考慮事項について詳しく説明します。

アルミダイカストの製造工程

アルミニウム ダイカストでは、溶融したアルミニウム合金を高圧で再利用可能な型に押し込み、複雑な形状を作成できます。この方法には他の製造プロセスに比べていくつかの利点があるため、さまざまな用途に適しています。

アルミダイカストのメリット

  • 軽量: アルミニウムの自然な軽さにより、ダイカスト部品は、航空宇宙産業や自動車産業など、軽量化が重要な用途に最適です。
  • 力: 軽量でありながら、 アルミダイカスト部品 強度があり、寸法が安定しています。高圧プロセスにより、緻密で細粒構造の部品が作成され、機械的特性が向上します。
  • 複雑な形状: ダイカスト金型 薄肉、厳しい公差、詳細な機能を備えた複雑な部品を製造するために複雑に設計できるため、大規模な機械加工や組み立ての必要性が軽減されます。
  • 高い生産率: アルミニウム ダイカストの高度に自動化された性質により、大量の部品を迅速かつ一貫して生産できるため、需要の高い用途においてコスト効率が高くなります。

アルミダイカストの用途

アルミニウム ダイカストは、その多用途性と望ましい特性により、さまざまな業界で利用されています。一般的なアプリケーションには次のものがあります。

  • 自動車関連: エンジン部品、トランスミッションハウジング、ホイール、構造部品。
  • 航空宇宙: 機体部品、エンジン部品、着陸装置部品。
  • エレクトロニクス: 電子機器、ヒートシンク、シャーシコンポーネント用のハウジング。
  • 消費財: 家電製品の部品、スポーツ用品の部品​​、工具。
  • 構造: 照明器具、ドアノブ、バルブ部品。

アルミニウムダイカストと砂型鋳造およびインベストメント鋳造の比較

砂型鋳造

  • 長所: 少量生産やワンオフ部品の場合は、よりシンプルかつ低コストになります。大きく複雑な形状に適しています。
  • 短所: ダイカストに比べて寸法精度や表面仕上げが劣ります。より多くの後処理が必要であり、納期がかかるため大量生産には理想的ではありません。

インベストメント鋳造

  • 長所: 公差が厳しく、表面仕上げが良好な複雑な部品に最適です。ダイカストに比べて幅広い合金に対応可能です。
  • 短所: ダイカストに比べて部品あたりのコストが高くなります。鋳物ごとに個別の金型を作成するため、大量生産には不向きです。より小さな部品サイズに限定されます。

アルミダイカスト

  • 長所: 優れた寸法精度と表面仕上げを備えた複雑な部品の大量生産に最適です。他の鋳造方法と比較して所要時間が短縮されます。
  • 短所: 金型製作のためイニシャルコストが高くなります。砂型鋳造に比べて設計変更の自由度が低い。高圧鋳造に適した特定のアルミニウム合金に限定されます。

アルミダイカストの工程

アルミダイカストは、溶融したアルミニウムを複雑で高精度の部品に変えます。主要な段階は次のとおりです。

金型設計に影響を与える要因

  • パーツの形状: 部品の形状、サイズ、肉厚は金型の設計に大きく影響します。複雑な形状では、ダイ内に複数のコア、スライド、または可動要素が必要になる場合があります。
  • 生産量: 大量生産には、繰り返しの鋳造サイクルに耐えられる堅牢な金型材料と設計が必要です。

金型材料

  • 鋼合金: ダイカスト金型は通常、高圧や溶融金属温度に耐えられる堅牢な耐熱合金鋼で作られています。
  • 熱処理: 金型には熱処理が施され、強度、耐久性、耐熱疲労性が向上します。

ダイカスト技術

  • 高圧ダイカスト (HPDC): 最も一般的な方法である HPDC では、急速な凝固と高い生産率を実現するために、巨大な圧力 (10 ~ 175 MPa) の下で溶融金属を金型キャビティに押し込みます。
  • 低圧ダイカスト (LPDC): より低い圧力 (0.1 ~ 0.7 MPa) を使用し、薄肉または複雑な形状の部品に適しています。
  • 重力ダイカスト: 重力に依存して金型キャビティを充填します。あまり自動化されておらず、少量生産によく使用されます。

ダイカスト用アルミニウム合金

  • 一般的な合金:

    • Al-Si合金(シリコン): 鋳造性、被削性、強度のバランスが取れています。汎用ダイカストに広く使用されています。
    • Al-Cu合金(銅): 強度と硬度は高くなりますが、耐食性と機械加工性は低くなります。
  • 合金選択の考慮事項:

    • 力: Al-Cu 合金は高強度用途に最適です。
    • 耐腐食性: Al-Mg 合金は、過酷な環境にさらされる部品に適しています。
    • 機械加工性: Al-Si 合金は、鋳造後の機械加工が必要な部品に好まれます。

ダイカストの工程手順

  1. 金型の準備とクランプ: ダイ半体は洗浄され、潤滑剤が塗布され、しっかりとクランプされて金型キャビティが形成されます。
  2. 金属の溶解と射出: 溶融アルミニウム合金は、高圧で金型キャビティに注入または射出されます。
  3. 固化と排出: アルミニウムは金型内で急速に冷えて固まります。凝固したら、金型を開き、鋳物を取り出します。

アルミダイカストの品質管理と仕上げ

アルミダイカストの品質維持は非常に重要です。品質管理と仕上げ技術には次のものが含まれます。

ダイカストにおける品質管理の重要性

  • 寸法公差と検査方法: ノギス、ゲージ、三次元測定機 (CMM) を使用した正確な測定により、部品が仕様を満たしていることを確認します。
  • 気孔率と表面欠陥の検出: X 線検査と蛍光浸透探傷試験 (FPT) により、エアポケットや表面欠陥が検出されます。
  • 機械試験: 引張強さ、降伏強さ、伸びなどの特性をテストすることで、鋳造品が性能基準を満たしていることを確認します。

アルミダイカストの未来

アルミニウム ダイカストの進歩がその未来を形作ります。

  • ダイ設計ソフトウェアとシミュレーション: 高度なソフトウェアは金型設計を最適化し、鋳造プロセスをシミュレーションして潜在的な問題を特定し、効率的なメタル フローと部品の品質を確保します。
  • オートメーションとロボティクス: ロボットによる自動化の強化により、マテリアルハンドリング、部品の取り出し、仕上げなどの作業の生産性と一貫性が向上します。
  • 持続可能な慣行: リサイクルされたアルミニウム合金、エネルギー効率の高い鋳造プロセス、廃棄物管理の改善を通じて環境への影響を削減することに重点を置きます。

新たなアプリケーション

  • 電気自動車: バッテリーハウジングや構造フレームなど、電気自動車用の軽量高性能部品。
  • 航空宇宙: 次世代航空機部品のための高度なアルミニウム合金と鋳造技術。
  • 生物医療機器: 特定の医療用インプラント向けの生体適合性が向上したアルミニウム ダイカスト。

アルミダイカストマシン

アルミダイカストマシンは、溶融したアルミ合金から複雑な形状を作り出す高圧金属加工ツールです。これは次のように機能します。

  1. 金型 (ダイ): 目的の部品用に特別に設計された、再利用可能な鋼製金型で、2 つの部分 (固定および可動) で構成されます。ダイキャビティは部品の正確な形状を複製します。
  2. 溶融金属: アルミニウム合金は炉で溶解され、高圧で金型キャビティに射出されます。
  3. 高圧: 溶融金属が金型の細部すべてに確実に充填されます。
  4. 凝固: アルミニウムは金型内で冷えて固まります。
  5. 排出: 金型が開き、完成した鋳造品が排出されます。

アルミダイカストマシンのメリット

  • 複雑な部品の製造: 公差が厳しい複雑な形状の作成が可能になります。
  • 高い生産率: 自動化と迅速なサイクルタイムにより、効率的でコスト効率の高い生産が可能になります。
  • 寸法精度: 一貫した正確な部品寸法を保証します。
  • 良好な表面仕上げ: 多くの場合、急速凝固により良好な表面仕上げが得られ、後処理の必要性が最小限に抑えられます。

アルミニウム ダイカストは、複雑で高品質の部品を製造するための速度、精度、多用途性の魅力的な組み合わせを提供します。このガイドでは、サービス プロバイダーを選択する際のプロセス、その利点、用途、考慮事項について説明しました。




Ningbo Fuerd は 1987 年に設立された大手フルサービス企業です。 ダイカストツーリングアルミダイカスト亜鉛ダイカストそして重力鋳造 メーカー。 私たちは、エンジニアリングサポートを含む幅広い機能とサービスを提供するソリューションプロバイダーです。 設計カビ、 繁雑 CNC加工、含浸、タンブリング、クロム、粉体塗装、研磨、組み立て、およびその他の仕上げサービス。 サプライヤーとしてだけでなく、パートナーとしてあなたと協力します。


NINGBO FUERD MECHANICAL CO。、LTD。
ウェブサイト: https://www.fuerd.com